マニュアル

レンタルサーバー「コアサーバー」のアカウントの作成やコントロールパネルの操作方法など、
各種マニュアルをご覧いただけます。

まずは無料トライアルから

Macのメール設定

コアサーバーで作成したメールアドレスを、Mail(バージョン13.4)でメールの送受信ができるようにする設定です。

各プランのメールの作成手順:メールの新規作成(V1)メールの新規作成(V2)

1.Mailを起動して、「アカウントを追加」を選択

Mailを起動して、「アカウントを追加」を選択

メーラーのMailを起動して、
メニューの「メール > アカウントを追加」を選択します。

2.「その他のメールアカウント」を選択

「その他のメールアカウント」を選択
  • 「その他のメールアカウント」にチェックを入れ
  • 「続ける」ボタンをクリックします。

3.メールアカウント情報を入力

メールアカウント情報を入力
  • 任意の名前を入力(メールを受信した相手に表示されます)
  • 設定するメールアドレスを入力
  • メールのパスワードを入力
  • 「サインイン」ボタンをクリックします。

4.メールの設定情報を入力

メールの設定情報を入力
  • ユーザー名:メールアドレスを入力
  • アカウントの種類をプルダウンで選択
    IMAP メールをパソコンにはダウンロードせず、サーバー上で保管して管理します。
    POP サーバー上のメールをパソコンにダウンロードしてメールを管理します。
  • 受信・送信用メールサーバ:サーバー名を入力
  • 「次へ」ボタンをクリックします。

5.「メール」をチェックし、「次へ」をクリック

メールアドレスを入力
  • 「メール」にチェックを入れ
  • 「次へ」ボタンをクリックします。

6.「環境設定」を選択

「環境設定」を選択

メニューの「メール > 環境設定」を選択します。

4-② のアカウントの種類

  • IMAPを選択: 7-1
  • POPを選択: 7-2

7-1.「IMAP」アカウントの設定

「IMAP」アカウントの設定
  • 作成したアカウント名を選択
  • 「サーバー設定」を選択
  • 受信用メールサーバ
    ポート「993」を入力
    「TLS/SSL」をチェック
  • 送信用メールサーバ
    ポート「465」を入力
    「TLS/SSLを使用」にチェック
  • 「保存」ボタンをクリックします。

「接続設定を自動的に管理」のチェックは外してください。

7-2.「POP」アカウントの設定

「POP」アカウントの設定
  • 作成したアカウント名を選択
  • 「サーバー設定」を選択
  • 受信用メールサーバ
    ポート「995」を入力
    「TLS/SSL」をチェック
  • 送信用メールサーバ
    ポート「465」を入力
    「TLS/SSLを使用」にチェック
  • 「保存」ボタンをクリックします。

「接続設定を自動的に管理」のチェックは外してください。

8.接続診断

接続診断

メニューの「ウィンドウ > 接続診断」を選択します。

9.設定完了

設定完了

「サーバーの接続とログインが完了しました」
と表示されたら完了です。

関連するマニュアル

CORESERVERはサポートも充実。
困ったをすぐに解決します。

まずは無料トライアル

WordPressも簡単にインストール可能です!

まずは30日間無料お試しから <クレジットカード不要の30日間無料お試し付き>