企業認証SSL 約60%OFF!常時SSL応援キャンペーン中! < 2018/7/31(火)まで > 詳しくはこちら

マニュアル

アカウントの作成やコントロールパネルの操作方法など、
各種マニュアルをご覧いただけます。

まずは無料トライアルから

コアサーバーのドメインメールの設定

サーバーに受け入れ設定をすることにより、取得したサーバーアカウントでドメインを利用したメールを運用することができます。

VALUE-DOMAINで新規登録したドメインは、先にDNS設定を行ってください。
ただし、サーバーの引越しをされる場合は、DNS設定はドメイン設定の後に行うことをおすすめします。

1.ログイン後、「コアサーバー」をクリック

画像

バリュードメインに「ログイン」した後、ユーザーコントロールパネル左ナビの「サーバー > コアサーバー」をクリックします。

2.ドメインを設定するアカウントのサーバー設定

画像

ドメインを設定するアカウントのサーバー設定:ウェブ / メールの「メール」をクリックします。

3.ドメインメールの設定画面が開く

画像

ドメインメールの設定画面が開きます。

  • メールアドレス:✕✕✕@ドメイン名
  • 運用方法

    転送のみ メールを転送先メールに指定したアドレスに転送します。
    POP/WEB受信のみ メーラーとWEBで受信します。
    両方 転送とPOP/WEB受信ができます。
    メールを破棄 エラーを返さず、かつメールを削除します。
  • 転送先メール:②の「運用方法」で転送を使うときのみ入力します。
    転送先が複数ある場合は、半角コンマ「,」で区切ってご指定ください。
  • POPパスワード:メーラーで受信する際のパスワードとなります。標準ではFTPと同じパスワードが設定されています。
  • サイズ:メールボックスのサイズとなります。
    2000000000バイト(2GB)以内での設定を推奨します。
  • オプション

    自動返信 メールを受信すると、設定内容のメールを自動で返信します。
    ウィルスフィルター ウィルスメールに「****VIRUS****」という件名を加えます。
    スパムフィルター メールにスパム判定「X-Spam-Level: *******」というヘッダを加えます。
    カスタムフィルター 様々な条件で振分け、削除などを行います。
    設定完了後も変更出来ます。

    詳しくはドメインメール設定画面の下部にある注意点をお読みください。

  • 設定が終了しましたら、「設定」を押します。
設定の一例
  • 「webmaster@domain.com」というメールアドレスを設定します。
  • 「webmaster@domain.com」と、③の転送先メールに入力した「abc@abc.com」でメールを受信します。コアサーバーの管理画面メール一覧から受信メールを確認することもできます。
  • 転送先メールアドレスは「abc@abc.com」とします。
    転送先が複数ある場合「abc@abc.com, taro@yamada.info」と、半角コンマ「,」で区切って指定します。
  • POPパスワードは、初期設定のFTPのパスワードの状態です。
  • メールボックスのサイズに100メガバイトを指定します。
  • オプションは設定完了後に変更可能です。
    詳しくはドメインメール設定画面の下部にある注意点をお読みください。

4.ドメインメールの設定完了

画像

ドメインメールの設定が完了しました。

設定が反映されるまで、1~3分程度かかります。反映をお待ちください。

メーラーの設定

画像

お使いのメーラーでメールを送受信するには、SMTP/POP情報の設定が必要です。
左の設定例を参照の上、設定してください。

送信メールサーバーの「このサーバーは認証が必要」にチェックを入れます。

2016年1月19日より、この設定をしていないとメール送信ができなくなりました。

メールアカウント情報の確認

画像

メールアカウント情報は、コアサーバーの管理画面の左メニュー「マイドメイン利用 > ドメインメール」をクリックして確認します。

関連するマニュアル

CORESERVERはサポートも充実。
困ったをすぐに解決します。

まずは無料トライアル
コアサーバーのお申込みはこちら

<クレジットカード不要の
30日間無料お試し付き>