マニュアル

レンタルサーバー「コアサーバー」のアカウントの作成やコントロールパネルの操作方法など、
各種マニュアルをご覧いただけます。

まずは無料トライアルから

コアサーバー付属のドメインでサイトを公開(V2)

コアサーバーのアカウントには、デフォルトのドメインが1つ付属しています。
このサーバー付属ドメインを利用してサイトの公開が行えます。

サーバーアカウントの有効期限が切れた場合、ドメインは削除されます。


ご契約のコアサーバー上での運用に限られます。

1.左メニューの「ドメイン」をクリック

「ドメイン」をクリック

コントロールパネルに「ログイン」後、左メニューにある「ドメイン」をクリックします。

2.ドメインの確認

「coreserver.jp」が付いているドメインが、コアサーバーに付属しているドメインです。

ドメインは「アカウント名.サーバー番号.coreserver.jp」の構成になっています。

設定完了
ドメイン名を入力

ブラウザで付属ドメインにアクセスすると、この画面が表示されます。

3.無料SSLを設定

無料SSLの新規設定を参照の上、SSL証明書をインストールします。

SSL通信とその重要性

「https://」から始まるURLで、サーバーとブラウザ間の通信情報を暗号化して、第三者による盗聴や改ざんなどを防ぎます。
また、SSL化されていないサイトにアクセスすると警告が表示されます。サイトを安全に運用、閲覧するためにもSSLをインストールすることをおすすめします。

4.FTPでサーバーにアクセス

FTPでサーバーにアクセス

FTPでサーバーにアクセスします。
「piblic_html」のフォルダ内がサイトを公開できる領域です。
この領域にHTMLやphpなどのデータをアップロードします。

「piblic_html」内の「index.html」は削除してご利用ください。

同じフォルダ内に「index.html」と「index.php」がある場合は、HTMLファイルが優先されます。

5.ドメインにブラウザでアクセス

ドメインにブラウザでアクセス

ブラウザでコアサーバー付属のドメインにアクセスします。
アップロードしたデータが表示されます。

関連するマニュアル

CORESERVERはサポートも充実。
困ったをすぐに解決します。

まずは無料トライアル
×

WordPressも簡単にインストール可能です!

まずは30日間無料お試しから <クレジットカード不要の30日間無料お試し付き>