技 術

コアサーバーに寄せられるよくある質問を掲載しております。

まずは無料トライアルから

プログラム

  • QPHPをCGIとして動かす方法について
    A

    標準ではFastCGI版としてご利用いただけます。何らかの理由で古いバージョンのPHPを動かす、別途モジュールを追加して運用する等が必要な場合、CGI版として動かすことができます。 ただし、速度が遅くなり負荷が高くなります。

    方法
    動かしたいPHPがあるディレクトリ内に下記一行を「.htaccess」に追加、または新しく設置してください。全ての「.php」ファイルがCGIとして実行されます。
    パーミッション:644などCGIとして必須のオーナー実行権限がなくても実行できますので、標準のFastCGI版PHPの設定を引き継いで動作します。 また、先頭行に「#!/usr/local/bin/php」を入れていただく必要はありません。 AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
    メリット
    • FastCGI版で対応していないバージョンを使うことができる。
    • モジュールを追加して動作させることができる。
    デメリット
    • FastCGI版PHPに比べて動作が遅くなる、負荷がかかる。
    その他
    • htaccessでカスタマイズできますので、
      <Files sample.php>
      </Files>
      等のディレクティブを使い、特定のPHPだけCGIとして動かすということも可能になります。
    応用

    「.htaccess」ファイルに記述するコマンド

    PHP53が標準のサーバーで「.php」をCGI版PHP53として動かす AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
    「.php」をCGI版PHPとして動かす AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
    「.php」をCGI版PHP7.2として動かす AddHandler application/x-httpd-php72cgi .php
    「.php」をCGI版PHP7.1として動かす AddHandler application/x-httpd-php71cgi .php
    「.php」をCGI版PHP7.0として動かす AddHandler application/x-httpd-php70cgi .php
    「.php」をCGI版PHP5.6として動かす AddHandler application/x-httpd-php56cgi .php
    「.php」をCGI版PHP5.5として動かす AddHandler application/x-httpd-php55cgi .php
    「.php」をCGI版PHP5.4として動かす AddHandler application/x-httpd-php54cgi .php
    「.php」をCGI版PHP5.3として動かす AddHandler application/x-httpd-php53cgi .php

    「.user.ini」を設置、カスタマイズして動かす

    ご自身で「.user.ini」を設置して動かすことができます。 設置場所は、呼び出すphpファイルを設置しているディレクトリ・フォルダ内になります。

    記述例

    セキュリティ対策
    display_errors = Off
    UTF8を標準の文字コードとする
    • mbstring.language = Japanese
    • mbstring.internal_encoding = UTF-8
    • mbstring.http_input = auto
    • ;mbstring.http_output = UTF-8
    • mbstring.detect_order = auto
    EUC-JPを標準の文字コードとする
    • mbstring.language = Japanese
    • mbstring.internal_encoding = EUC-JP
    • mbstring.http_input = auto
    • ;mbstring.http_output = EUC-JP
    • mbstring.detect_order = auto
    SHIFT-JISを標準の文字コードとする
    • mbstring.language = Japanese
    • mbstring.internal_encoding = SJIS
    • mbstring.http_input = auto
    • ;mbstring.http_output = SJIS
    • mbstring.detect_order = auto
    大きいファイルを投稿する
    • post_max_size = 100M
    • max_execution_time = 300
    • max_input_time = 600
    • memory_limit = 200M

    フォームの要素が多い場合
    max_input_vars = 10000

    → モジュールを追加する場合

    「/public_html/.fast-cgi-bin/」に 「php.ini」を設置いただき、下記のような記述(例)を行ってください。 「.user.ini」ではモジュールは追加できません。

    → SQLiteモジュールを使う
    • extension_dir = "/usr/local/lib/php/extensions/"
    • extension = sqlite.so
    • extension = sqlite3.so
    → imagicを使う
    • extension_dir = "/usr/local/lib/php/extensions/"
    • extension = "imagick.so"
    • extension = "imagick_php53.so"
    → ZendOptimizerを使う
    • zend_extension = "/usr/local/Zend/lib/ZendOptimizer.so"
    • zend_optimizer.optimization_level = 15
    → ionCube Loaderを使う
    zend_extension = "/usr/local/ioncube/lib/ioncube_loader.so"
    詳細ページへ
  • QPHPでのエラー対策について
    A
    PHPが白紙になる、正常に実行されない場合

    セキュリティ上、標準でPHPのエラー表示がされない設定になっております。ご利用いただくには下記コマンドを「.user.ini」に記載してください。

    display_errors = On
    error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE

    詳細ページへ
  • QFastCGI版PHP 各バージョンのPHP設定法
    A

    FastCGI版 PHP 7.2 / 7.1 / 7.0 / 5.6 / 5.5 / 5.4 / 5.3 において、「php.ini」をお客様で編集していただけます。

    • 設定ファイルを編集します。
      編集するのは /public_html/.fast-cgi-bin/ フォルダ内の
      php 72.ini / php 71.ini / php70.ini / php56.ini / php55.ini / php54.ini / php53.ini のいずれかとなります。

      例えば、FastCGI版PHP5.5のPHP設定を変更する場合は、「/public_html/.fast-cgi-bin/php55.ini」を編集します。

    • サーバーコントロールパネルの左メニューにある「PHP設定」で、使用するPHPのバージョンを指定します。
    • 編集後、②の画面にある「PHP設定」ボタンを押します。約5~10分程度で設定が反映されます。
    詳細ページへ
  • QcronでPHPを呼び出す方法
    A
    標準のPHPの場合

    #!/bin/sh
    /usr/local/bin/php /virtual/ユーザー名/phpスクリプトへのパス/phpスクリプトファイル名.php

    を記述した「.sh」ファイルを作成・設置し、「.sh」ファイルをcronに登録する。

    PHP 7.0の場合

    #!/bin/sh
    /usr/local/bin/php70 /virtual/ユーザー名/phpスクリプトへのパス/phpスクリプトファイル名.php

    を記述した「.sh」ファイルを作成・設置し、「.sh」ファイルをcronに登録する。

    詳細ページへ
  • Qviで日本語テキストを開くと文字化けする
    A

    ログイン直後のホームディレクトリに、下記内容の「.vimrc」を設置して下さい。

    set encoding=utf-8
    set fileencodings=utf-8,euc-jp,sjis,iso-2022-jp
    set fileformats=unix,dos,mac

    詳細ページへ

WordPress

  • QWordPressのログインページにアクセスすると「403 Forbidden」エラーとなる
    A

    不正ログイン、ならびに改ざんの防止のため、WordPress管理画面やログインページへの海外からのアクセスを制限しています。

    解除するには、サーバー管理画面の「WPログイン制限」から設定を変更するか、
    「wp-login.php」と同一階層に、

    <Files ~ "^wp-login.php">
    <Limit POST>
    order allow,deny
    allow from all
    </Limit>
    </Files>

    と記述した 「.htaccess」ファイルを設置してください。

    詳細ページへ
  • QWordPressのPingback機能を悪用した攻撃対策について
    A

    WordPressのPingback機能を利用したDDOS攻撃(ブルートフォース攻撃)が増加しております。
    悪用されないためにも、下記の対策を行ってください。

    WordPressのバージョンアップ
    WordPressの古いバージョンには、複数の脆弱性が発見されています。最新バージョンにバージョンアップしてください。
    「xmlrpc.php」へのアクセスを制限

    下記のいずれかの方法で制限します。

    • 「xmlrpc.php」を拒否する設定を記載した「.htaccess」を設置
    • プラグインを導入
    • 「xmlrpc.php」ファイルの属性を変更
    詳細ページへ

CORESERVERはサポートも充実。
困ったをすぐに解決します。

まずは無料トライアル
コアサーバーのお申込みはこちら

<クレジットカード不要の
30日間無料お試し付き>